富瀋国際事業協同組合
ホーム事業紹介外国人技能実習生受入れ事業受入れの流れ>受入れの流れ2

組合について

組合の事業紹介

ご案内

組合員専用ページ


技能実習移行準備
入国6ヶ月 ・技能実習2号ロ移行準備
 移行対象職種にある技能実習1号ロ生が技能実習2号ロへ移行するかどうかにあたり、企業と技能実習1号ロ生に意識確認をおこないます。
 希望状況はJITCO(財団法人 国際研修協力機構)に報告するため、変更は原則として不可能です。

・技能実習2号ロ移行希望申請
 技能実習2号ロ生への移行後の労働条件(労働局届出内容の確認・実習時の賃金の設定・家賃控除額の決定)について、確認させていただきます。
 資格変更する実習生につきましては、1年目の時の雇用条件内容と同じか確認します。
 変更のあった実習生につきましては、雇用条件変更後、JITCO(財団法人 国際研修協力機構)に報告します。

技能検定(基礎2級)の受験
入国9ヶ月 ・技能検定の必要性
 技能実習1号ロ生が技能実習2号ロ生へ移行するためには、十分な実習成果を満たさなければならない為、「技能検定 基礎2級」に合格する必要があります。
 この検定は、万が一不合格となっても再試験のチャンスが一度だけ与えられます。

・事務局での対応
 技能検定合格に向けて、問題集を事前に配布し、約1ケ月には実習指導員さんの補佐として、通訳による指導や検定の心構えの指導巡回をおこなっています。

・企業側での対応
 検定に必要となる、材料を会社で準備してください。
 また、就業中の時間内に実技・学科の事前指導をおこなってください。
 技術指導のみならず、日本語のレベルを向上させなければ学科試験は合格できません。日本語の学習も含め、毎日、目標を設定させ学習できる環境を作ってください。

ビザ手続き
入国11ヶ月後 ・在留資格変更許可申請
 技能実習1号ロ生から技能実習2号ロ生へのビザ変更手続きをおこないます。
入国12ヶ月目
技能実習2号ロ生へ移行
 前のページへ   次のページへ